日々想々

craftinfo.exblog.jp

江戸しぐさ


梅雨にはいっておりますが、、、昨日からすでに暑いです。すでに猛暑。
いや~な季節ですね~~~。

暑いのも嫌なのですが、雨が続くのも憂鬱なものです。

でも、こんな言葉を見つけました。


「傘かしげ」

{「江戸しぐさ」と呼ばれるもので、もともと商人しぐさ、繁盛しぐさといわれ、商人道、哲学として語られる。多岐にわたる項目が口伝により受け継がれたという。現代の世相に鑑み江戸人の知恵を今に生かそうという観点から教育界などで注目され始めている。}(ウィキぺディアより)

他にも「肩引き」や「時泥棒」と呼ばれる江戸しぐさがあるのですが、これがなかなか面白いです。

最初の「傘かしげは」雨の日に傘をさして道ですれ違う時に、相手の体に傘の水滴が落ちないよう
相手とは反対側に傘をかしげる仕草。

「肩引き」は道を歩いて、人とすれ違うとき左肩を路肩に寄せて歩くこと。
「時泥棒」は断りなく相手を訪問し、または、約束の時間に遅れるなどで相手の時間を奪うこと。

ほんの一部ですが、3つとも共通して言えるのは、相手の事を思いやるということ。

今、こういう時代だからこそ、教育の現場などで注目されているのかもしれませんね。

雨が続いて気持ちが晴れなくても、見知らぬ人同士が思い合い気持ちよく行き来が出来るのなら
清々しい気持ちになりませんか??

ちなみに「仕草」は「思草」とも書くそうです。

コチラの漢字の方が私は好きです。憂鬱な気持ちになりがちなこの季節を気持ちよく乗り切れますように・・・・。
[PR]
by craftinfo | 2011-06-24 16:08 | 麗しのスタッフブログ